いまから〜ここから〜こころから NPO法人KARALIN

NPO法人KARALINのブログです。
更新担当はまめちです。
更新されないときには、「顔晴れ!」メールくださいね〜〜!
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
GCR@SEAN 講座報告①の最後の方がキレてたよ。
0
     

      多様なセクシャリティについて 

    絵本紹介 「タンタンタンゴはぱぱふたり」「へんなの」

      *からだの性 男・女にはっきりと二分できません。

          インターセックス(性分化疾患)

      *こころの性(性自認) からだの性と自分が異なる人 

        トランスジェンダー

      *誰をすきになるか(性指向) 異性愛・同性愛・無性愛 があり、

       病気ではなく、一定数 自然界に存在するもの。

    ひとくくりに分類できる訳でもなく、

    多様で複雑なものということが、わかりました。

     

    そして、ここでの重大な気づきは、

    さっきの刷り込まれてるジェンダー規範は、

    異性愛の男女のカップルが基礎になってることでした。

    別のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)

    の学習会で、性的マイノリティー(少数者)の

    自死率が高いことを聞きました。

    社会の枠に縛られるというより、

    はじき出される生きづらさも知りました。

     

    さて、この辺の終わりの頃の記憶が曖昧ですが、

    とにかく頭をつかったので、家に帰って、ご飯作って食べたら、

    寝てしまってました。

    宿題は、ジェンダーに敏感になって、世の中を見回す。

    気がついたことを明日発表です。

    しかも次の朝は寝坊して、車で飛び出して、セーフでした。

     

     

    | お知らせ | 12:23 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    GCR@SEAN 認定講座 次世代の子どもへの責任力2
    0
      続き:GCR@SEAN 二日目 

      2013・9・1

      宿題「ママに優しい軽」っていう車の宣伝。

      買い物と育児はいっつもママで、

      ごくろうさん、使いやすくしてあげるよっていう傲慢さww!!

       

      STEP 3  「こどもへの感情否定と暴力の連鎖」

      ・性別によって異なるくる評価と対応

       感情の言葉を模造紙いっぱいになるまで出しました。

      おこる・かなしい・くやしい・たのしい・うれしい・こまる・激怒・いらつく・・・・

      その項目から、感じたり表現することを

      認められやすい推奨される感情と

      否定される感情を男と女に分けて、

      色分けして分類しました。


      重複するものもありますが、

      比較的に男性には一貫して「力強いがんばる」ものが要求され、

      ネガティブな感情を出すことは許されていません。

      一方、女性は立場や環境が代わると、求められるものが代わり、

      (たとえば若いうちは可愛くて弱くていいのですが、

      母になったとたん、強くあることを求められます。)

      認められたり否定される感情も変化します。

      なので、女性たちは気がつくこともあるのかなと

      男性は一貫したメッセージの中で、適応してしまえば気がつかないし、

      気がついた時は遅すぎたりするのですね。

      「感情」と「感情表現」・「思考」・「行動」が

      分けて考えられなければならないことがわかります。

      【私にできること3:息子やまわりの男の子が感情を出した時の

      評価と対応に心を配る。】

       

        「男はつよく」「女はやさしく」と暴力の連鎖

      SEANの子どもたちへのワークのロープルレイの紹介から

      太郎君とお父さんの事例を使って、

      太郎君の権利を保障するのにおとなができることを考えた。

      おとこは「つよい」おんなは「やさしい」に代表される

      個性を無視したらしさの枠に閉じ込めるジェンダー規範が、

      「感情表現」にも、「思考」にも、「行動」にも影響している。

      男の加害性と女の被害性もここから生まれる。

      だったら、どうしたらいいのか、何ができるのか、みんなで考えた。

      面白かったのは、父親への働きかけは置いといたこと。

      なるほど、そこに使うエネルギーはもったいない。

      再生産しない方が効率が良さそうだと私も思う。

      太郎が主体性を持って行動していくことと、

      父親以外のおとながどう関わるかである。

      父親をおいといても教師や地域や親戚のなかには、

      父親のかわりとなって「男のプライド(沽券)」

      に関わると考える人とのたたかいでもあるが、

      そこはたたかわず、かわしたいところであるなと。

      人権規範で物事を考え進める人々の存在を太郎に知らせたい。

      ここで、深めた「非暴力」についても、考える所のあるものだった。

      もう少し自分の中で考えたい宿題です。

       

      STEP 4  「子どもをエンパワーするおとなの責任力」

      DVD教材 「わたしもボクも★みんな活き活き」を視聴

      実際の子どもへのプログラムを知る。(まめちってば、この養成講座も受けているよ!)

        子どものエンパワメントとは?

      こどもワークショップで実際に出た台詞

      「女の子は危ないからみなでいきなさい」

      「男の子はどこかに行く時は一人で行きなさい」

      この言葉が伝えるメッセージとそこから誘引される行動を考えた。


       

      ほんと、これじゃぁ、自分らしく生きていけない。

      女は群れ気を使う、男は強がり群れると暴走。

      協調性があるとか冒険心があるとか、よく言い換えることはできる。

      でも、それも性別がもつ特性ではなくて、

      ジェンダー規範が作り出した偏りなんだ。

       

      あと、自立と他律・自立と依存 のお話もさらりと。

      もう少し詳しく聞きたかったな。

       

        ジェンダーにとらわれず、子どもをエンパワーする五箇条

      この、ジェンダーにとらわれずってところが難しい。

      意識してないとできないよ。自分のバイアスを常に意識して解いていかないとね。

      で、なんとかまとめて出来上がり。


      このプロセスは、内容とならんで重要なものでした。

       

        そして最後に修了証もらって、みんなとハグしたよ。

      少しにがてなんやけど、えいや!って感じでした。

      実はこうして濃い関係の中で自分を出したり、苦手やし。

      大体こんな丁寧にレポート書いてる事態、ハイテンションやわな。

      【私にできること4:広場の会議でアドバイザーのみなさんと学習会をします。

      GCRSEANの受講をおすすめします。】

      まめちでした。

       

       

      | お知らせ | 12:16 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      ちょっと長いですが。GCR@SEAN 認定講座 次世代の子どもへの責任力 8期 の報告
      0
         

        NPO法人SEAN主催のGCRSEANを受講しました。

        GGender Sensitive

        CChaild Hu-

        RRight

        子どもの育つ権利を保障するために、

        ジェンダーの視点・おとなの責任を学ぶ講座です。

        Gender Sensitiveとは、一人ひとりのこころとからだを大切にするために、

        ジェンダーの視点に敏感になることです。

         

        ジェンダーって言葉を知っていますか?

        社会や文化と言う環境が作ってる性差のことです。

        生まれながらに持ってる特性でなく、ここで育ってると身に付く

        「らしさ」があるってことなんです。

        まわりから受けるメッセージで、

        「男らしさ」や「女らしさ」が作られていきます。

        今回、この講座を受けて、この枠が、どんなに狭く強固で、

        「自分らしさ」を押しつぶすのか、

        何がそれを作り出すのか、構造としても理解ができました。

         

        2013・8・31

        STEP 1  「子どもの育ちと人権」

        ・最初のルール作り 

         単なる安心ルールづくりでなく、より深く学ぶためのルールです。

        「・ジェンダー」「エンパワメント」理解と認識共有

        エンパワメントのところでは、東田直樹「風になる」を紹介してもらった。

        読んでみたいなと。自閉症の青年の著書です。

        ここらへんは、緊張もあるし、なかなか発言もでないなか、

        ゆっくりとかなり丁寧な時間でした。

        それがあとの時間と次の日にかなり影響して、

        壁のない良い場所というか、

        関係性を作っていけたと思います。

        日本の文化にはなじみのない概念を言語化するのは難しいものです。

          私は○○です。から「人権」概念の理解と共有

        法で定められた人権とは・・・13条「命・自由・幸福追求」

        (自民党の改憲草案には、この13条の変更が入っています。

        考:http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/

        _geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

          子どもとおとなの力関係とおとなの責任

        「命・自由・幸福追求」に関して、どのくらい保障されているか、

        こどもとおとなを比較しました。改めて、項目ごとにあげていくと、

        子どもはおとなの価値観・経済力といった環境次第で保障される内容も変わり、

        こどもが選択できることはないことに気がつきます。

        こどもはいつでも、保護され、

        おとなに依存するしかない弱い存在とされているイメージなのです。

        はたして本当に子どもは何もできない弱い存在なのでしょうか?


          子どもの権利条約の概要

        子どもの権利条約には、1994年に日本も批准しています。

        40の子どもの権利があり、「生存」「発達」「参加」「保護」に分類されます。

        そこからSEANでは、こどもの育ちの中で保障されるべき5つの権利として、

           存在意義を認められる権利

           知る権利

           考える権利

           選ぶ権利

           結果を引き受ける権利 とし、人権規範の基礎としています。

         

        権利んとこはさらっと流れましたが、

        まめち的には自分が関わってきた活動が、

        この「こども権利条約」に帰するところがおおきいので、

        すべてのおとなが言葉だけでなく、

        ひとつひとつの権利がどういったことをさすのかを理解することで、

        社会を変える大きな力になると思っています。

        【私にできること1・こども権利学習会:2回講座で重要かつ必要であることと、

        具体を理解するプロセスで組み立てて実施できるか?】

         

        STEP 2「子どもの育ちと人権」

        ・自分の「男」「女」  だから〜。のくせに〜。などの体験を出す。

        まめちは短大進学時に、父親があんまりな態度だった思い出を話しました。

        ・ジェンダーとは社会的・文化的な性のありよう  ということで、

        「女に期待されること」「男に期待されること」を模造紙に、書き出していきました。

        ここでは、男性が生きる状況が求められることが大きく、

        弱音を吐けない状態でかなり過酷なことになっていることに気がつきます。

        その上、近年では家事、育児についても、男性が担うことが求められています。


        そこから、少年院入院者数の男女比、児童虐待に関わる事件 検挙人員、

        DV検挙状況と被害者の男女比、自死者数の男女比年年度推移 

        をデータで読み解くと、男性の行きづらさが浮き彫りに成りました。

        これは、かなり衝撃的です。

        まめちは、広場なんかで、親たちが何気なくかわす会話の中に、

        「男の子は・・・」「女の子は・・・」という

        バイアスのかかった発言がいつも気になってますが、

        うまく言葉に出して、気づきにつなげるのが難しくって、

        スルーしてしまうこともあります。

        でも、「それって変じゃない?」って、投げかけていけると思います。

        こんな世の中を作ってしまってる原因のひとつなんだから。

        【私にできること2:広場で、どみそで。「それってどうして?」の問いから、

        「なんか変だ」の気づきに。実践と訓練。】

         

        | お知らせ | 11:58 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        はとぽっぽ久宝寺のお知らせ 9月21日 まちなみセンター
        0
           からりん広場のある久宝寺中学校区にある
          まちなみセンターで、毎月1回 
          久宝寺地区民生委員児童委員協議会が主催して
          「はとぽっぽ久宝寺」という
          親子の集いの広場が開催されています。

          開催日をご案内するチラシを作りましたので
          どうぞ、ごらんください!!

          ちらしはこちらをクリック!


          次回は9月21日です!

          12月はクリスマス会開催でいつも楽しく過ごしています。
          毎年、YAO・ふる・パワーのパネルシアターをさせてもらっています。
          参加者にはいつも素敵なクリスマスプレゼントも用意されています。

          皆さま、お楽しみに!!
          | お知らせ | 15:31 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
          【八尾市幼保一体化】詳しい情報が提供されていました。
          0
             八尾市市議会議員の
            市政報告だよりに 八尾市の幼保一体化推進の計画が紹介されています。

            以下、抜粋です。
            山本地域:改修予定であった山本幼稚園を増築して一体化施設に。
            園児の減少が進む西山本幼 稚園と山本幼稚園を統合し、
            堤保育所を一 体施設に移転する。

            安中地域:耐震化工事が計画されている安中保育所を増築して

            一体化施設に。安中幼稚園は一体化施設に移転。

            いずれも、2016(H28)年度からの開園を 予定しています。今後、行政は市民の皆さ んに、ていねいに説明していく必要があり ます。また、いろいろなご意見や疑問があ りましたらお聞かせください。 

            と、いうことです。
            今後、丁寧な説明が望まれるところです。

            2地域で先行施設 とあるので、
            今後数年間にわたり、計画が進むように感じます。

            新しい形にしていかないといけないのは分かりますが、
            今後も様々な立場の人で、十分に子どもの側にたった議論をしていただき、
            子どもにとってのよい選択をしていってほしいものですし、
            市民としても、NPOとしても、意見を届けていきたいと思います。
            | お知らせ | 02:04 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
            寒くなりましたが、体調いかがですか?冬のKARALINもどうぞ、よろしくお願いいたします。
            0

              あっという間に秋はどこへやら、
              ぐっと寒くなりました。

              皆様、体調はいかがでしょうか?

              KARALINでは、広場や秋の行事などをいろいろやりました!

              からりん広場の12月の工作の様子です。
              パンチで切り抜いた好きな形を、
              自由にぺたぺた貼るのが、
              とっても楽しい様子でしたよ!


              どみそランドでは、クリスマスに向けての準備もはじまりました。
              プレゼントづくりでは、石鹸作りに再度チャレンジ!
              前回は親子で作りましたが、今回は子どもたちだけで!
              とにかく風邪の予防には、手洗いが効果的です。
              手洗い・うがいの習慣づけをおねがいいたします!!




              ことしのひゅーまんふぇすたは、10周年でいろんな企画がありました。
              広場のみんなも参加して、いつもは会議室で
              出張広場をするのですが、ことしは光のプラザ(入口の広いロビー)
              で、ステージを開催しました!!
              とってもたのしかったです!
              まだ、ひゅーまんフェスタ未体験の方は
              ぜひ、来年、参加してくださいね。
              2012年11月17・18日に開催されます。


              来年のひゅーまんフェスタには、
              ケロポンズ・新沢としひこ・中川ひろたか
              という、豪華メンバーを八尾にお越しいただく
              親子向け音楽コンサートが 決定しています!!
              どうぞ、そちらも お見逃しなく!!

              | お知らせ | 21:50 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
              【親子で楽しむひゅーまんフェスタ!】明日の12時にプリズムホールで面白いこと始まるよ!
              0
                 明日、明後日と、プリズムホールで、
                会議室が出張広場になっていますので、
                ぜひ遊びに来てください!
                広々と遊べますので、ゆっくりしに来てください!

                で!!
                12時に光のプラザホール (1F入口はいった広い所)で
                広場主催のステージがあります!
                いろんな広場から、アドバイザーが集まって、
                絵本の読み聞かせや、エプロンシアター・紙芝居に、手遊びなど!
                約1時間の楽しいステージが行われますので、
                ぜひぜひ、遊びに来てください!

                昨年の様子
                http://www.yao-mirai.net/topics/20091130.html

                日曜日も、楽しいイベント盛りだくさんで
                八尾市文化会館全体が盛り上がっていますので、
                遊びに来てくださいね!!
                | お知らせ | 14:42 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                11月25・26・27日はひゅーまんフェスタ!!八尾市文化会館にお越しください!
                0
                   26日27日は出張集いの広場ってことで、
                  会議室で市内12か所の広場が交代の当番で
                  いろんなところのアドバイザーが待機してますよ。
                  各広場の展示もあります。
                  保育施設課の公立保育所の先生たちが
                  おままごとなどのおもちゃをもってきてくれます!
                  それだけでも、時間は過ごせると思います。

                  あと、気になるイベントチャックしつつ
                  保育つきの講座などをうまく調整してみてください。

                  http://www.city.yao.osaka.jp/0000015581.html

                  こちら、すべてのイベントがご覧になれますので
                  要チェック!!

                  KARALINはしゃべり場やります!
                  保育つきです。
                  セルフエスティームと原発の問題を
                  みんなで話しながら、考えたいと思います。
                  講師は、八尾から上田に活動の場所をかえて、
                  現在はエネルギーのことを考えてる
                  やんや情報でおなじみの
                  のだまこと藤川まゆみさんです。
                  彼女のキャラを味わいつつ、自分のエネルギーに対する考えを確認しに来てください。
                  また、原発への不安やいろんな気持ち、
                  あんまり出せてない人も 来てください!
                  いろいろ聴けると思いますし、どんどん質問もしてください!

                  CAPでは、おとなワークショップをやります。
                  もちろん 保育付き!!
                  こどもを暴力からまもるには?
                  こどもを被害者にも加害者にもさせないためには?

                  そして、自分の育ちや子育てを振り返ります。
                  とくに 幼稚園や学校で子どもが困っていることに
                  焦点をあてて、
                  こどもの「安心・自信・自由」を
                  どうやって守っていけるのか
                  話をしていきたいと思います。
                  | お知らせ | 08:32 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                  WAKKA-GONBOからのお知らせ。またまた遊び場が増えますよ〜★
                  0
                     親子の自由遊びの時間『にこ☆たいむ』開催決定!
                    http://wakkagonbo.blog5.fc2.com/blog-entry-92.html

                    かなり広いこのお部屋。
                    開放日なんて嬉しい!!

                    みなさん、どうぞ、ご利用くださいね!
                    | お知らせ | 23:55 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                    3月 広場で集まった義援金報告
                    0
                       からりん広場 ¥3300
                      夢実人 ¥2150
                      です。お約束したので赤十字に振込します。


                      こんな話もあり、どこに届けたいかということ
                      4月からはNPOの直接活動支援ができる先に
                      送ろうと思います。

                      あめちゃん募金のあめちゃんも
                      確実に子どもの所へ直接届く先を探しています。

                      情報をお寄せください。
                      よろしくお願いします。
                      | お知らせ | 14:20 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP